ポケモンになった医師たち~品川心療内科ゆうメンタルクリニックコラム

こんにちは。ゆうきゆうです。

ゆうメンタルクリニックには、すごく優秀な医師・心理士の先生たちがいます。

中でもこちらのS先生は、頭が良いだけでなく、非常に気さくで、素晴らしい先生なのですが。
一点だけ、「頭が良すぎて逆に危険」という欠点があります。今までのすべてを補ってあまりありすぎる欠点です。

最近のことです。
先生が突然、僕のことを呼び出して、言いました。

先生「あの」

僕「はい」

先生「ポケモンって知ってますか?

僕「…もちろん知ってます。
任天堂が出した世界的なゲームシリーズ、ポケットモンスターの略ですよね?」

先生「よろしい

なんかよく分からないですが、謎の上から目線から合格をもらったようです。

先生「では次の質問です」

僕「はい…?」

先生「ポケモンになりたいと思ったことってありますか?」

………。

何言ってるのかな?

先生「僕は、あるんです

あるんだー。

あまりのことに、そのまんまなリアクションしか浮かびません。

先生「僕は、ポケモンになりたいと、常々思っているんです

いい大人が、何を言ってるんだろう。

 

 

先生「24時間365日、ポケモンになりたいと思っているんです

大丈夫なのかな、僕たちのクリニック。

 

僕「なんで…なりたいんですか…?」

先生「ポケモンは大人気だからですよ!

僕「えっ」

先生「ポケモンにさえなれば、たくさんの人に好かれ、愛され…!

どうしてこんな状況になるまで放っておいたのだろう。

先生「モンスターボールで捕まえたりされる!

捕まりたいんだ。

先生「さらに女性プレイヤーにゲットしてもらえます!

どうなの、それ。

 

僕「だったら、ポケモンに、なったらいいんじゃないですか…?」

自分でも、何言ってるんだろう自分って思います。

すると先生は言いました。

先生「ここで問題が生じます

もうそれ以前から問題だらけだと思うんですが。

先生は、ホワイトボードにイラストを書き始めました。

先生「ポケモンって大半が、ずんぐりむっくりして、こんな感じです

これが…! ポケモン…!?

著作権に配慮しているのか、純粋な画力なのかは分かりません。
しかしまぁ、確かにポケモンが総じてこんなイメージなのは分かります。

僕「まぁ、ポケモンにかぎらず、大半のマスコットキャラはそうですよね。小動物とかの象徴なんでしょうね」

先生「こざかしい分析はいりません

せっかく分析したのに、切なすぎる。

先生「何にせよ、大人がこういうポケモンになろうとしても、せいぜいこんな感じになるだけです」

不気味ですね。

できそこないの着ぐるみみたいです。

 

先生「しかし、つい最近、すごいポケモンが出たんです

僕「は…?」

先生「これです!


先生「つい最近出た、ポケットモンスター、ソード&シールド!

僕「は、はぁ」

ちなみにこの段階で言っておくのですが、こちらのコンテンツは、広告会社さんとかに頼まれた広告とかでは一切ありません。純粋に単独発生した事案です。

とにかく話を続けます。

先生「ここに出てくる二匹のポケモン、
ザシアンとザマゼンタ!


ザシアン


ザマゼンタ

 

僕「は、はぁ…」

先生「………」

僕「………」

先生「名前は、たぶん色の『シアン』と『マゼンタ』にTHEをつけただけで、ポケモンとして大半の名前パターンが出尽くしたゆえの苦労がうかがわれるんですけども」

それたぶん本題と無関係ですよね。

先生「何にせよこの二匹には、『剣』と『盾』という、恐ろしく分かりやすい特徴があります!
しかもスタイリッシュでカッコいい!

僕「はい…」

先生「これなら自分も、カッコよく再現し! 素晴らしいポケモンになれそうじゃないですか!?

それは…どうだろう。

そう思っている僕の目の前で、先生は意気揚々と作り始めました。

 

何だろう。これ。

小学校の課外授業か何かが始まったのかな。

えっ。
まさか、ダンボールで再現しようとしてるのだろうか。

天才と何かは紙一重だな、と思いました。

先生は楽しそうに作っています。

小学校の図画工作の時間も、ここまでイキイキとした顔で何かを作っている子供はいなかった。
人間ってスゴイな、と思いました。

先生「もうすぐです!

何が。

 

そして、しばらくの後。

先生「できました!」

 

やばい。

人はこういうとき、どんな顔をすればいいんだろう。

するとさらに先生は続けます。

先生「で、僕と先生、どっちがどっちやります?

僕もやるの?
突然の質問に驚きが隠せません。
でもここには我々二人だけなので、当然の流れだったのかもしれません。どうしてここに至るまで気づかなかったのか。

 

先生「先生には、こっちの方が似合うと思う

盾の方じゃん。
明らかにつけるの大変そうな方じゃん。

迷ってる僕に、先生は言いました。

先生「じゃあ、僕たちでジャンケンして

僕「はぁ」

先生「先生が負けたら盾を! 勝ったらザマゼンタをやらせてあげます


参考画像…ザマゼンタ

 

どっちにせよ盾じゃん。

どっちでも大変なやつじゃん。

 

そして有無を言わせぬ迫力のあと、僕はこれを身につけました。

どうなんだろう。これ。
人としてどうなんだろう。

そう思いつつも、先生の非常に満足そうな顔を見ると、何も言えませんでした。

先生「どうですこの高すぎる再現度!

この再現度は、高いと言っていいのだろうか。

先生「これで全国の女子プレイヤーにモンスターボールでゲットしてもらえる!

やかましい。
ゲットしてもらえるかはさておき、警察にゲットされそうなことは確実だな、と思いました。

僕も人のことを言える外見ではありませんが。

再現度が高いのかどうなのか。正直、頭に乗ってるやつ、ないと思うんですけども。

 

先生「…じゃあ、ポケモンバトルしましょう

今まで、世の中に、ここまで悲惨なポケモンバトルがあっただろうか。
しかもポケモンを操るとかじゃなくて、自分達がポケモンになってますからね。

先生「野生のザマゼンタがあらわれた!

野生なんだ。
なんかもう野生同士のぶつかりあいだと思う。ダメな意味で。

先生「行け! ザシアン!

自分じゃん。
命令形とかでなくて、自分が行くんじゃん。

先生「技! きりさく!」

ギャア。

こんなにイキイキとした変態を、僕は見たことがない。

そこで気づきました。

僕「あの…!」

先生「え?」

これ、僕の方は、攻撃どうすれば。

僕「僕…じゃなかった、ザマゼンタには、どんな技があるんですか?」

すると、先生は言いました。

先生「『ふるいたてる』とか

奮い立たないわ、この状態で。

先生「『みがわり』とか

誰のだ。
色々な意味で、先生の身代わりにはなってる気がします。

先生「『かたきうち』とか

だから、誰のだ。
少なくとも自分の心は死んでるので、その敵討ちができるのだろうか。

何もできない僕は、そのまま一方的に攻撃され、負けました。何をもって勝ちか負けか分かりませんが、とにかく負けました。

負けたポケモンは通常モンスターボールに帰りますが、自分は家に帰りたいと思いました。

何にせよ、ポケモンバトル、ソード&シールド編、またの名をいい大人編は、ザシアンの勝ちになりました。

大人も(別の意味で)楽しめるポケモン、みなさまもぜひプレイしてください。

一本でも売れたら素敵だなって思います。

 

追伸

ザマゼンタは、色々な意味で生活が不便でした。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ゆうメンタルクリニック各院のご予約はこちらです。

 

 

 

 

ゆうメンタルクリニック品川院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。

受付予約

必須 初診・再診
必須 対象院

ご予約、お問い合わせを行いたい院をお選びください。

上野院渋谷院秋葉原院品川院銀座新橋院横浜院

新宿院のご予約はこちら

池袋院のご予約はこちら

必須 ご希望日
※選択できない日は休診です
必須 ご希望時間
必須 お名前
任意 ふりがな
必須 メールアドレス
任意 お電話番号
診察券番号(再診の方へ)
必須

(生年月日)
任意 希望医師(再診の方へ)
※初診の方は承っておりません


※ご希望医師が当日勤務の場合のみ承れます。
ただ不在の場合は、承ることはできません。
その場合も、ご連絡はできません。
任意 お悩みについて
残文字数: 250

docomo、au、softbank など各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。

【代表的な携帯キャリアのメールアドレス】
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@au.com、@softbank.ne.jp、@i.softbank.jp

お問い合わせへの返答にお時間がかかる場合もあります。
二日以内に返信がない場合はメールの不達が考えられます。
大変お手数ですが、お急ぎの場合にはお電話でお問い合わせください。